コツをつかめば株で儲けることが出来る

株はやはりある程度の知識がないと儲けることが出来ないものです。株投資で財産を全て失い路頭に迷ったり、莫大な借金をしてしまい人生が大きく狂ってしまう場合もあるようです。実際はそんな事がないという事をこのサイトで知ってもらいたいと思います。

株の投資対象としての日本鋳造株価とSHOEI株価

株式投資の投資対象として日本鋳造株価は、200円から100円のボックス圏で推移しています。2014年の3月には、日本鋳造株価は一時300円を超える高値を付けましたが、その後は200円位に下がり、2015年の9月時点では110円前後の株価になっています。日本鋳造は公共事業関連のエンジニアリングが主力商品になっており、公共事業の拡大が見込まれる場合は、株価が上昇する可能性が高いです。
日本は財政状態が悪化しており、公共事業に多額の予算を回すのは難しくなっています。しかし、東京オリンピックの開催決定によって、首都圏のインフラ整備が急務におり、公共事業は以前と比べると増加しています。首都圏だけでなく、日本中の都市では公共インフラの老朽化が大きな社会問題になっており、公共事業の必要性が高まっています。公共事業への予算が増えることによって日本鋳造株価は上昇し、投資家は利益を得られることが予測されます。
株式投資のSHOEI株価は、この2年間で2倍近く上昇しています。2013年の秋にはSHOEI株価は1000円を割っていましたが、2014年の秋から冬にかけて、SHOEI株価は2000円を超えました。その後、株価は少し下がりましたが、2015年9月は1900円程度の株価になっています。
SHOEI株価が2年間で2倍近く上昇した理由は、円安が進んだためです。SHOEIはオートバイの高級ヘルメットのメーカーで、主な輸出先はドイツやフランスなどのヨーロッパ諸国です。この2年間で円安ユーロ高の状態が続いていたため、SHOEIの収益は大きく向上しました。今後のSHOEI株価は、このまま円安ユーロ高の状態が続くと、2000円を超えると予測されます。